FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


オーストラリア、EMC規制の概要!

オセアニア ] 2015/06/16(火)

2013年3月1日より従来のC-TickとA-Tickを 「RCMマーク」に統合されています。
即ち、RCMマークは、EMC無線テレコムEME (電磁界への人体の曝露)、安全の適合を示す統一マークとなっています。
そして、2016年3月1日以降、すべての電気機器のラベル表示にRCMの表示が必須となります。以前C-Tick、A-Tickマークを使用していた機器は表示を切替えが必要です。又、EESSのデータベースへの登録を完了しなければなりません。

 RCM jpg
1.サプライヤー (オーストラリア内のデバイス製造もしくは輸入を行う者、あるいはその代理人) は、ERAC (Electrical Regulatory Authorities Council) のEESS (electrical equipment safety system) に登録する必要がある
2.RCM マークの表示は、サプライヤーが行う。尚、サプライヤーからの書面による許可があれば、オーストラリア外の製造業者であっても、 サプライヤーの代理として RCM マークの表示の作業を行なうことはできる。
3.サプライヤは、所定の書式 (Form C02 ) に従って適合宣言書を作成し、署名した上で、自ら保管します。
4.各製品に適用するEMC規格はACMA から「EMC standards list」が発行されています。選定手順はまず「(2)製品ファミリー及び製品規格」から選択する。該当する規格がない場合は「(1)一般規格」を適用する。
  2015年5月25日のリストは以下です。(ACMAから引用)
(1)Part1 一般規格
オーストラリア Part1 基本EMC規格
(2)製品ファミリー、及び製品規格
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-1
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-2
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-3
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-4
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-5
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-6
オーストラリア Part2 製品ファミリー&機器規格-7
22:09 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/137-855c6688

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR