FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


計測・制御・研究室用機器の安全規格「IEC 61010-1:2010(第3版)」の改訂概要!

計測・制御・試験室用機器 ] 2015/07/10(金)

欧州ではIEC 61010-1:2010 第3版(計測,制御及び試験所用電気機器の安全規格)は2013年10月1日から強制になっています。
1.2版からの主な改訂内容
(1) 専門家と非専門家の製品を対象にできるよう、製品が使用される可能性がある全ての場所を含めるように適用範囲が拡大した。
(例:汚染度4、OVC III, OVC IV、Wet conditionなどが含まれた。)
 ・電気試験および測定機器
 ・電気産業用プロセス制御装置
 ・電気実験装置
(2)赤のプッシュボタンと表示板の要件。(5条)
(3)絶縁に関する要求事項が全面的に書き直された。(6条)
  (例:耐電圧試験の電圧が変更された。また固体絶縁、基板内層、モールドおよび薄膜絶縁に対する要求事項などが追加された。)
(4)機械ハザードに対する保護について要求が追加された。(7条)
  (例:圧力や隙間の制限など)
(5)機器の表面温度限度値が変更された。 (10条)
(6)意図して、発生する電離線、超音波に対する限度値が追加された 。(12条)
(7)予見できる誤使用や人間工学に関する要求が追加された 。(16条)
(8) 本規格でカバーされていない危険を考慮するため、新規に、リスクアセスメントを追加している。(17条)
2.規格(IEC 61010-1:2010)の項目
 このIEC 61010-1、第3版が「JIS C 1010-1:2014」として発行されています。
 (http://www.jisc.go.jp/で閲覧できます。)

IEC61010-1項目-1
IEC61010-1項目-2
IEC61010-1項目-3

*関連記事
 ・レーザ規格 IEC60825-1第3版の技術要件は何か。12.6項に関係する。
*参考動画
 ・Overview of 61010 1 3rd Edition(MET Lab)
05:29 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/144-8d34f3da

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR