FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


欧州、「CEマーキング」表示の対象指令・製品カテゴリは何か。

CEマーキング ] 2015/07/19(日)

 1985年に、欧州EU域内で製品の安全性や品質の基準を統一するため、「ニューアプローチ指令」が発効され、その中で製品の自由な移動、および人・環境の保護という本質的な要請を満たすための必須要求事項が規定させています。
・そして、「ニューアプローチ指令」に基づいて定められた指令の対象となる製品は、指令が定める要件を満たした上で、「CEマーク」を付けなければならないことになりました。
・これにより「CEマーク」を添付することにより、製品のEU市場への投入、および域内の自由な移動が可能になります。
1.CEマーキングの貼付
 日本などEU域外の製造業者は、原則として直接、またはEU内の代理人によって、CEマークを添付しなければならない。 
2.自己宣言が認められる場合
 ・自己宣言によるCEマークの表示が可否は、製品ごとに指令により規定されている。
 ・自己宣言は、第三者認証機関(Notified Body)の審査を必要とせず、製造者自身が規格への適合などを評価し、「自己適合宣言書(SDoC: Suppliers’ Declaration of Conformity)」を作成し、CEマーキングする。
3.EUの第三者認証機関(Notified Body)の認証が要求される場合
 ・製品ごとに指令により規定されている。
 ・自己宣言によるCEマークの表示が認められない製品の場合、欧州委員会に登録された第三者認証機関による認証手続きが必要となる。この場合、認証機関の識別番号をCEマークに付記する。
4.CEマークの対象製品カテゴリ
現在、以下の25の製品カテゴリにおいて、CEマークの貼付が義務付けられている。
No製品カテゴリ指令番号 / :参考(NB関与義務の有無)
1埋込式能動医療機器
 Active Implantable Medical Devices
 90/385/EEC :有り
2ガス燃焼機器
 appliances burning gaseous fuels
 2009/142/EC :有り
3旅客用ロープウェイ設備
 cableway installations to carry persons
 2000/9/EC :有り
4建築資材
 construction products
 305/2011
5エコデザイン指令
 Ecodesign of energy related products

 2009/125/EC :無し
6EMC(電磁環境両立性)
 Electromagnetic compatibility

2004/108/EC(指令2014/30/EU*)
            :無し
7防爆機器
 Equipment and protective systems
 for potentially explosive atmospheres
94/9/EC(2014/34/EU*):有り
8民生用爆薬
 explosives for civil use
93/15/EEC(2014/28/EU*):有り
9熱水ボイラー
 hot water boilers
 92/42/EEC :無し
10体外診断用医療機器
 in vitro diagnostic medical device

 98/79/EC :有(附属書Ⅱに対し)
11昇降機
 lifts

 95/16/EC(2014/33/EU*)有り
12低電圧電気機器
 low voltage devices

 2006/95/EC(2014/35/EU*) :無し
13機械
 Machinery

 2006/42/EC  :無し
14測量機器
 measuring instruments
 2004/22/EC(2014/32/EU*):無し
15医療機器
 medical device

 93/42/EEC 有り(クラスⅠ以外)
16屋外用機器の騒音(建設、ガーデニング用機器)
 Noise Emission in the Environment
 2000/14/EC :有り
17非自動重量測定器
Non-automatic weighing instruments 
2009/23/EC(2014/31/EU*):無し
18身体保護用具
personal protective equipment

89/686/EEC :有り(カテゴリⅡ&Ⅲ)
19圧力機器
Pressure equipment

97/23/EC :有り(但し圧力・容量による)
20花火
pyrotechnics
 
2007/23/EC :有り
21無線・通信端末設備
Radio equipment
& telecommunications terminal equipment

1999/5/EC  :回線(無)無線(有)
22レジャー用船舶
Recreational craft

94/25/EC(2013/53/EU**):無し
23電気・電子機器における特定有害物質の使用制限
Restriction of Hazardous Substances
in Electrical and Electronic Equipment

2011/65/EU(RoHS2) :無し
24玩具の安全
safety of toys

2009/48/EC :無し
25簡易圧力容器
simple pressure vessels

2009/105/EC(2014/29/EU*)
 :無し(但し、圧力・容量による)

 *:2016年4月20日から新指令が現行指令に置き換わる。
 **: 2016年1月17日から新指令が現行指令に置き換わる。
 NB関与義務の有無:必ず、各指令で確認して下さい。






22:15 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/149-b25dca2f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR