FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


欧州のRoHS指令に、4物質が規制追加!

CEマーキング ] 2015/08/06(木)

1.4フタル酸エステル類DEHP、DBP、BBPとDIBPが追加され、計10物質になります。2019年7月22日から強制です。
 2015年6月4日に、指令(EU)2015/863により、 RoHS指令2指令の附属書IIの規制物質リストに4フタル酸エステル類DEHP、DBP、BBPとDIBPを追加する官報が発行されました。
2.追加の4物質の最初に適用カテゴリ機器
 家電製品、IT/通信機器、民生機器照明機器、電気工具、玩具・レジャースポーツ機器等2019年7月22日から有効(強制)です。
3.規制物質、及び制限値
 ・規制物質は4重金属、2難燃剤に4フタル酸エステル類が追加になり、計10物質になります。
  鉛:Lead (0,1 %)
  水銀:Mercury (0,1 %)
  カドミウム:Cadmium (0,01 %)
  六価クロム:Hexavalent chromium (0,1 %)
  ポリ臭素化ビフェニル:Polybrominated biphenyls (PBB) (0,1 %)
  ポリ臭素化ジフェニルエーテル:Polybrominated diphenyl ethers (PBDE) (0,1 %)
  フタル酸ビス(ジエチルヘキシル):Bis(2-ethylhexyl) phthalate (DEHP) (0,1 %)
  フタル酸ブチルベンジル:Butyl benzyl phthalate (BBP) (0,1 %)
  フタル酸ジブチル:Dibutyl phthalate (DBP) (0,1 %)
  フタル酸ジイソブチル:Diisobutyl phthalate (DIBP) (0,1 %)
 ・4追加物質 :4フタル酸エステル類(DEHP、 DBP、BBP、DIBP)
 ・それぞれの制限は均質材料の重量パーセントで0.1%です。
   
4.4追加物質についての移行期間
 製品カテゴリに応じて、今回の4追加物質については、4または6年間の移行期間があります。
  ・現在、移行期間中です。
5.追加4物質についての強制日
 
 以下の表です。
No製品カテゴリ追加物質の強制日
 1 1.大型家電製品
 2.小型家電製品
 3. IT・通信機器
 4.民生機器
 5.照明器具
 6.電気・電子工具
 7.玩具*、レジャー、スポーツ用品
 2019年7月22日
 28.医療機器
9.監視、及び制御機器(工業用監視および制御機器を含む
 2021年7月22日
 3 10.自動販売機
 11.その他、全ての電気・電子機器
 2019年7月22日

尚、公報Directive (EU) 2015/863 にて確認下さい。

6.既にRoHS指令にて規制の6有害物質についての強制日
RoHS 6物質の強制日

  当ブログの2014/8/28日「RoHS指令について」を参照下さい。
07:58 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/152-58e462ec

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR