FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


EN 300 328 V1.8.1[2.4GHz帯広帯域通信機器]は2015年1月1日から必須

EMC規格 ] 2014/08/11(月)

EN 300 328 V1.8.1は2015年1月1日から必須。

1.EN 300 328 は R&TTE指令の第3.2条への適合性を実証するために
使用される一般的な規格の一つです。
2.この規格はライセンスのない2.4GHzのISM帯で動作する広帯域データ伝送機器の
関連機器はWiFi (802.11b/g/n)、Bluetooth および Zigbee機器。

個別番号 328 は 2.4GHz帯広帯域通信機器の電波放射特性に関する規定とされている。

3.原文の表題は
Electromagnetic compatibility
and Radio spectrum Matters (ERM);
Wideband transmission systems;
Data transmission equipment operating
in the 2.4 GHz ISM band and
using wide band modulation techniques;
Harmonized EN covering the essential requirements
of article 3.2 of the R&TTE Directive

4.EN300 328 v1.7.1 から v1.8.1 への変更の概要
(1) 電波測定方法の変更ないしは厳密化
 規定変更により、従来の電波規定をクリアしていた機器も 1.8.1 相当の方法で再測定し、規定をクリアしていることを評価が要する。
(2) 新規定の導入
 特に重要なのは 4.3.2.5 に追加された適応能力(Adaptivity)の項目。
 この項目では「放射出力 10dBm 以上」の機器に対し、同じ周波数帯域で稼動中の他局の検出と衝突回避(Detect and Avoid)の能力を持つことが要求されている。

11:16 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/16-4ac53476

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR