FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


「LED照明機器」の電気安全性、生体安全性のIEC/JIS規格、及び電安法・一覧!

照明機器 ] 2015/12/17(木)

LEDランプ、及びLED照明機器の「電気・機械安全性、生体安全性」について以下の規格があります。
1.電気・機械安全性
  EN/IEC、及びJIS規格の一覧表を示します。

No     規格名  EN/IEC  JIS
1 照明器具-第1部:安全性要求事項 60598-1 C8105-1
2 照明器具-第2-1部:定着灯器具に関する
 安全性要求事項
 60598-2-1 C8105-2-1
3 照明器具-第2-2部:埋込め形照明器具に関する
 安全性要求事項
 60598-2-2 C8105-2-2
4 照明器具-第2-3部:道路及び街路照明機器に関する
 安全性要求事項
 60598-2-3 C8105-2-3
5 照明器具-第2-8部:ハンドランプに関する
 安全性要求事項
 60598-2-8 C8105-2-8
6 照明器具-第2-11部:観賞魚用照明機器に関する
 安全性要求事項
 60598-2-11 C8105-
7 一般照明用電球形LEDランプ(電源電圧50V超)-安全仕様 62560 C8156
8 一般照明用GX16t-5口金付直管LEDランプ-
  第1部安全仕様
 --- C8159-1
 

2.生体安全性
 欧州では次の生体安全性規格も「低電圧指令(LVD)の整合規格」になっています。
 EN/IEC、及びJIS規格の一覧表を示します。
No    規格名 EN/IEC  JIS
1レーザ製品の安全基準 60825-1 C6802
2ランプ、及びランプシステムの光生物学的安全性 62471-1 C7550
注)EN62471-1と比べて、JISC7550の要求項目が1つ少ない。

3.上記のJISはWEBで閲覧できます。
  
日本工業標準調査会:データベース検索-JIS検索

4.電気用品安全法(電安法)
    LEDランプ、LED照明器、及びこれらに使われる直流電源は電気用品安全法の規制対象品です。
 従って、電気用品安全法の「技術基準」適合、及び同法の「製造者、販売者の義務」が必須です。
 
 (1)LEDランプ、LED照明器等の技術基準は「別表第八」に含まれています。
 (2)適合すべき技術基準

   下表の①共通の事項、及び②光源及び光源応用機械器具の両方の基準に適合が必須です。
  
①共通の事項・全ての対象機器に対する技術基準
②光源及び光源応用機械器具個々の機器の技術基準
・LED関連機器対象機器:
 (86)電気スタンド
 (86の3)充電式携帯電灯
 
(86の4)ハンドランプ
 
(86の6の2)エル・イー・ディー・ランプ
 
(86の7の2)エル・イー・ディー・ランプ電灯器具((86)及び(86の4)揚げるものを除く)
 (86の8)広告灯
 (87)庭園灯器具
 (88)装飾用電灯器具
 (102)直流電源装置
 (107)電灯付き家具、コンセント付き家具その他の電 気機械器具付き家具

 (注:経済産業省のWEB「電気用品安全法」にて確認下さい。)

10:39 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/183-5100c359

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR