FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


FCC、FCC認定プロセス!

米国・カナダ ] 2015/09/25(金)


米国で販売する「電気・電子製品」はFCC規則が適用され、製造業者、輸入業者、又は認定技術機関(TCB)により、①証明、②適合宣言(DOC )、③検証の3つの中で認可される。
以下のいずれかの手順により、委員会からの機器承認を受けます。(FCCサイトから引用)
1.証明(VERIFICATION (Section 2.902 47 CFR))
(1)証明は、製造業者が測定させ、機器の技術基準に適合していることを確認するために必要な手順です。
(2)特に規則セクション2.957に基づき、FCCが要求しない限り、適合実証のサンプル又は代表データの提出は必要ない。
(3)証明の対象機器例
  産業、科学及び医療(ISM)装置、ビジネス用クラスAのコンピュータ機器、テレビ、FM受信機等
2.適合宣言(DECLARATION OF CONFORMITY (Section 2.906 47 CFR))
(1)適合宣言は、責任者が測定をさせ、機器が適合技術基準に適合していることを確認する手順です。
(2)デバイスはNVLAP又はA2LAの認定試験所によって試験されなければなりません。
  又は米国とMRAの国が認定した試験所で試験しなければなりません。(日本:VLAC認定、JAB認定)
  特に規則セクション2.1076に基づき、FCCが要求しない限り、適合実証のサンプル又は代表データの提出は必要ない。
(3)適合宣言の対象機器例
  クラスBパーソナルコンピュータおよび周辺機器、CB受信機、再生受信機。 TVインターフェース装置等。
(4)ラベル
  ・FCC part15 DOC 例:
    FCC part15 DOC Label examples 
  ・FCC part18 DOC 例:
    FCC part18 DOC Label examples
3.検証(CERTIFICATION (Section 2.907 47 CFR))
(1)
検証はFCCから発行された機器認証、又はTCBによって選定された機器認証です。
(2)検証の対象機器例
  ・超広帯域無線機器、ソフトウェア無線機器、新技術機器等。
  ・TCBに提出しなければならない機器は計算機、及びその周辺装置
  ・携帯電話、RFライト、電子レンジ、RCトランスミッタ、ファミリーラジオ、テレメトリトランスミッタ、無線電話、トランシーバー等。
4.ラベル、及び製品上表示(FCCより引用)
 機器により、微妙に異なっています。
Quick Labelling Guide
07:53 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/195-726631d2

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR