FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


新EMC指令、新LVD指令等では、適合宣言書(DoC)の様式変更!

CEマーキング ] 2016/01/20(水)

2016年4月22日より、新EMC指令に切り替わります。
必須要求事項に変更がない事から移行期間を設ける必要がないと言う事で即日、置換わります。
1.適合宣言書(DOC)の変更が必要
 4月22日以降に発行するDOCでは、新指令の番号を2004/108/ecから2014/30/EUに書き換えることは当然ですが、DOC様式が旧指令と異なっており、新指令に附属の様式で発行することが必要です。
尚、このDOC様式は、枠組み決定(No.768/2008/EC)のDOC様式に合わせたものです。
2.新EMC指令と新LVD指令のDOC様式が統一されています。
 次のごとく、ほぼ、同じ様式です。:LVD指令ではNBの関与は不要のため、EMC・DOC No7は有りません。
(1)新EMC指令(2014/30/EU)のDOC様式
 新EMC指令のDOC様式
(2)新LVD指令(2014/35/EU)のDOC様式:LVD指令ではEMC指令DOCNo.7(NBの関与)項は有りません。
 新LVD指令のDOC様式
3.新DOC様式の内容
 1. 「EU declaration of conformity」の表題及び(番号);
   尚、表題の横の番号は任意
 2. 宣言の対象とする機器のモデル名/製品 (製品名、型式、バッチ、あるいは製造番号)
 3. 製造業者もしくは承認代理人の名前と住所
 4. 「この適合宣言書は製造業者のみの責任のもとで発行される」旨
 5. 適合製品の記述 (追跡が可能となるような機器の識別)
   (必要ならば、カラー写真などを含める)
 6. 適合を宣言する指令やその他の EU 法のリスト
 7. 適合の宣言に関係する、使用された整合規格、あるいはその他の技術仕様への参照 (年号を含む)
 8. NBが関与した場合、EU 型式審査を実施して EU 型式審査証明書を発行したノーティファイド・ボディの名前と番号、及び EU 型式審査証明書への参照
 9. ・追加情報
  ・ 宣言書を発行した場所と日付、及び宣言を行なう個人の名前、肩書、署名
4.その他
 その機器が複数の指令やその他の EU 法の対象となる場合、適合宣言書は 1 つにまとめる必要があります。また、適合宣言書は、その機器が出荷される国で要求される言語に翻訳することが必要となります。
23:26 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/235-6c59004a

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR