FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


中国、新中国版ROHSを公布。対象範囲拡大:2016年7月1日から施行

中国・香港・台湾、韓国 ] 2016/02/17(水)

2016年1月21日、新中国版ROHS―「電器電子製品有害物質使用制限管理弁法」(32号)が公布されました。2016年7月1日から施行される。
1.新中国版ROHSの内容
 ・対象製品の範囲は拡大している。定格電圧は直流1,500V以下、交流電定格電圧1,000V以下の電気電子製品がすべて本「管理弁法」に遵守するとのこと。
 ・「有害物質」の範囲は、従来の鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリブロモビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)から、鉛の化合物、水銀の化合物、カドミウムの化合物、六価の化合物及び国が定めたその他の有害物質を付け加えた。
 ・新中国版ROHSは対象製品の輸入そして中国現地で設計、生産、包装などには強制基準又は法律、行政法規や規定が定める規格で行わなければならない。
 ・特に出入国検査検疫機関は、輸入電器電子製品に対して、輸入港で同「管理弁法」によって検証と法定検査を実施した上に、「入境貨物通関シート」を発行すると規定されている。
 ・本「管理弁法」は電気電子製品有害物質使用制限の標識について、電気電子製品の生産、輸入者が関係の国家標準又は業界標準に従い、電気電子制品に含まれる有害物質を表記し、有害物質の名称、含有量、含まれる製品パーツ、リサイクルの可否、不当利用又は処置によって環境と人間の健康に与える影響などの情報を明記しなければならないと規定している。
 ・国家が電気電子製品有害物質使用制限の合格評定制度を確立し、ディレクトリ管理の方式を採用する。
 ・本「管理弁法」は「総則」、「電気電子製品有害物質使用制限」、「罰則」、「附則」等4章23条で制定している。
 ・「電気電子製品」、「電気電子製品汚染」、「電気電子製品有害物質使用制限」、「電気電子製品有害物質使用制限の基準に達する管理目録」、「有害物質」、「電気電子製品環境保護使用期限」などの定義を明確にした。
 ・本「管理弁法」は2016年7月1日から施行される。それと同時に2006年2月28日公布の「電子情報製品汚染制御管理弁法」が廃止となる。


2.ラベリング表示要求
 
中国RoHS-LABEL
・緑色「e」の記号:製品が規制物質を含まないことを意味する。又、リサイクルすることができ、環境に優しい製品。
・オレンジ色「数」の記号:製品が、特定の有害物質を含んで中央に年数によって示す環境保護使用期間は使用することができますが、その後はリサイクルシステムをの必要があることを意味します。尚、メーカー、及び輸入業者は、SJ/T 11364-2014「電子電気製品有害物質制限使用標識要求」規格(英文pdf参照)による、生成物中に存在する有害物質の宣言表を提供しなければならない。

3.制限有害物質
新しい中国版RoHSは、制限有害物質の変更はありません。
・鉛及びその化合物
・水銀及びその化合物
・カドミウム及びその化合物
・六価クロム化合物
・PBB
・PBDE

07:39 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/243-7eb459c4

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR