FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


欧州、新LVD/EMC指令で対応すべき事項!

CEマーキング ] 2016/05/05(木)

欧州の低電圧指令は、家庭やオフィスでの使用する、ほとんどの電気・電子製品が対象になります。そして、この新指令の基では、2016年4月20日以降、欧州で製品を販売のするためには新しい要求事項(文書、表示)に対処する必要があります。
1.対応すべき要求事項
(1)適合宣言(DoC)のすべての宣言は、新しいLVD指令Noを参照するように更新する。:⇒*関連記事を参照下さい。
(2)リスクアセスメントが必須:MustからShallになった。(下の2項)
(3)製造メーカーは、製品上銘板に住所を表示
(4)輸入製品は輸入者名、登録商標、および住所を製品に表示
(5)メーカー、輸入業者、および代理店は、市場監視当局のために利用可能で取引されている製品を介してファイルを維持する必要があります。
(6)独自のブランドで製品を再ブランドする企業は、製造業者となりますので、技術ファイル(TD)の作成とメンテナンスを含め、すべてのメーカーの責任を引き継ぎことになる。
尚、この要求はLVDと同時に新指令になった8つの指令においても、同じ要求になります。
2.LVD指令のリスクアセスメントの手順:ブルーガイド4.1.2.2の図式を参照
(1)製品の使用やユーザー定義する。 
(2)起こりうる危険の識別する。
(3)全てリスクをカバーする整合規格(単数または複数)で、評価する。
  ・整合規格で、全てのリスクの適合を確認できた場合は、評価プロセスは終了になります。
  ・整合規格によってカバーされないリスクをある場合は、カバーされないリスクに対する追加のリスクアセスメントを行う必要があります。
LVDのリスクアセスメント手順 
 例)IEC61010-1(計測・制御機器の安全)規格:規格内17項にリスクアセスメントがある。
   ・6章から16章に記載されていないハザードに対してリスクアセスメントを実施し、「リスク低減、及び文書化」することになる。

 
*関連記事
  ・欧州、CEマーキングの適合宣言書(DOC)の雛形
  ・欧州、新低電圧指令対応の「リスクアセスメント・ガイド」発行!

09:42 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/272-f30d149b

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR