FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


オーストラリア、RCM(規制適合マーク)の概要!

オセアニア ] 2016/05/14(土)

 オーストラリア、及びニュージーランドでは、「RCM(規制適合マーク)」は強制になっています。
1.2016年3月1日から、RCMは必須
2013年3月1日、オーストラリアの規制適合マーク(RCM)は、C-tick,A-tickから置換えられ、新電気機器安全システム(EESS)の導入された。そして、2016年3月1日から、RCMは必須となりました。
2.新電気機器安全システム(EESS)
このEESSは、全てのスコープ内機器はRCMの使用が要求され、ニューサウスウェールズ(NSW)を除き、電気的安全性の認可システムの領域に入っています。
 このRCMの使用は、EESSのデータベース上で、オーストラリアで会社登録された製造メーカー、輸入業者やサプライヤー、及び全ての中、高リスクの製品を登録した上でなければならない使用できません。
 ニューサウスウェールズ州は、まだEESSに参加していません。従って、同州で該当する電気用品を販売する際には、同州の安全基準を確認する必要があります。
3.RCMは単一の規制適合マーク
 RCMは、単一の適合マークであり、EMC、電気通信、無線、電磁放射(EMR)と電気安全性を含め、該当する全ての規制に適合した後、オーストラリア又はニュージーランドの販売者によって使用することができる。
4.RCMのためのACMAの要求内容
 ・ACMA適合のためにRCMを使用する場合は、最初に「ERACのWEBサイト」に、ACMA責任販売者として登録する必要があります。
 ・次に、ACMA-適用規格を識別し、適切なテストレポートを取得する必要があります。
  
無線または電気通信機能を持っていない製品は、比較的簡単にACMA適用規格のリストに記載されているEMC規格のEMCテストレポートを要求される。
 ・Bluetooth、無線LAN、携帯ラジオ等の無線送信機を含む製品は、更にACMA無線通信(RADCOM)規格、及びACMA(EMR)規格に適合する必要があります。
 ・又、製品が携帯電話ネットワークへの接続、衛星通信ネットワークや公衆交換電話網(PSTN)が含まれている製品の場合、Telecommunications Labelling Notice (TLN) 2015に規定する規格に適合する必要があります。
 ・携帯電話ネットワークインターフェースを含む場合は、該当するACMA規格を選定することはリスクがありますので、ACMA認証機関に相談すること。
5.免除
 ACMA RCMラベル表示要件から免除されている機器がいくつかあります。これらはACMA EMC Labelling Noticeに記載されている。
6.EESS安全適合:電源動作機器
 ・
レベル2またはレベル3の製品以外のほとんどの主電源入力製品はEESSの下ではレベル1の製品です。
  登録は必須ではありませんが、適切な安全規格に準拠し、さまざまな州および連邦法の下で必要とされます。
  安全テストレポートは、法律要求の場合には、ファイルに保管する必要があります。
 ・家電製品やACアダプタ/充電器は、高リスクの機器とされ、レベル3デバイスとして分類されています。
  
レベル3(スコープ内)機器の完全なリストは、AS/NZS 4417.2:2012に記載されています。
  
EESS RCM規則の下では、レベル3の製品は、責任販売者(輸入者も)ERACのデータベースに登録する必要があります。
  
適合証明書は、最初に認証機関から取得する必要があります。 
  輸入のレベル3の製品については、輸入者が登録をすることによって行われなければならない。
  
*関連記事(リンク)
 
オーストラリア/ニュジーランド、「RCMマーク」表示必須! 2016年3月1日以降
 オーストラリア/ニュジーランドの「EMC規格リスト」!
 オーストラリア、EMC規格、及び規制はどの様になっているか!
 オーストラリア、安全認証が必要な製品は何か!
 オーストラリア、「エネルギーラベル表示」規制製品は何か!
 オーストラリア/ニュジーランドの安全認証(RCMマーク)!

*関係機関
 ・オーストラリア通信メディア庁(Australian Communications and Media Authority:ACMA)
 ・オーストラリア電気用品安全管理連合会(Electric Regulatory Authorities Council:ERAC)


11:41 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/274-f320ba31

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR