FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


WEEE指令(2012/19/EU)の概要!

CEマーキング ] 2014/08/28(木)

欧州 WEEE指令 2012/19/EUの概要

1.タイトル
 電気電子機器(WEEE)の廃棄に関する指令
2.WEEE指令は、CEマーキング対象ではありません
 しかしながら、対象製品は対応が必要です
3.指令 2012/19/EUは2012年7月4日に発効され、2014年2月14日より強制
4. WEEE指令の目的
特に人の健康を保護し及び、天然資源を慎重かつ合理的に利用するために、
環境の質を維持、保護および改善することである。

5.対象製品カテゴリ
 この指令は、以下の電気·電子機器(EEE)に適用される。
 (1)大型家庭用電気製品(冷蔵庫・洗濯機・エアコン等)
 (2) 小型家庭用電気製品(掃除機・時計・電動歯ブラシ等)
 (3) 情報技術・電気通信機器(パソコン・コピー機・携帯電話等)
 (4) 消費者用機器(ビデオカメラ・ハイファイオーディオ、アンプ・楽器等)
 (5) 照明機器(ランプ類・照明制御装置。但しフィラメント電球を除く)
 (6) 電気・電子工具(電気ドリル・ミシン・はんだ用具等)
 (7) 玩具
 (8)レジャー用品・スポーツ用品(ビデオゲーム・電気電子部品を含むスポーツ器具・スロットマシーン等)
 (9) 医療機器
 (10) 産業用を含む監視及び制御機器
 (11) 自動販売機(飲料販売機・食品自動販売機・現金引出機等)


6.加盟国および生産者にWEEEの回収・リサイクルシステムの構築・費用負担が義務化されている
これは、生産者責任原則、つまり、環境に負荷を与える物を製造した者が、
その処理(回収、リサイクル、再利用)などのコストを負担するという考え方に基づいている。
分別収集されたWEEEから除去されなくてはならない物質、調剤、及び部品は、水銀を含む部品、電池、アスベストを含む部品等があり、指令付属書Ⅱに列挙されている。

7.・生産者に要求されていることは以下です。
(1)各メーカーで個別に、または共同スキームに参加することにより(両者の併用も可)、WEEE処理システムを構築すること。
(2)リサイクルを前提とした製品デザインを心掛けること
(3)製品に車輪付きゴミ箱にバツ印(WEEE指令)を表示する
     ・シンボルマーク(ANNEX Ⅸより)
  WEEE-SYMBOL  

8.WEEE指令は、各国内法でより厳しい内容の法律を制定しているので、同じEU域内でも国によって法律内容に差異があります。輸出国が選定後、輸入者を通じて各国の法律の内容を確認しておく必要がある。

*関連URL
  ・WEEE指令(英文)
21:24 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/31-5de02c1e

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR