FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


EU、機械指令 2006/42/ECについて!

機械 ] 2014/08/31(日)

欧州・機械指令 2006/42/ECについて

1.機械指令は、機械類の安全性についてだけでなく、安全部品、ロープ、チェーン等、又、機械設計、電気設計、制御、安全性、および危険の可能性についても範囲としている。

2.機械指令は、製品がどの応用分野に入るかを定義している。
そして、その機械や他の機器が順守しなければならない必須要求事項を記述している。
これは製造者がこの基本要件の遵守を確保するために製品に適合性評価手順に適用する必要があり、その概要を説明している。

3.対象機械類
(1)機械類
少なくともその一部が可動する、構成部品やコンポーネントを組合せた、人や動物の力以外によって駆動することが意図されたもの、及び人力で動かされる荷物用リフト
(2) 交換可能な機器
機械類やトラクタの機能を変更するか新たな機能を加えるためにユーザー自身が機械類に取り付けるデバイス
(3) 安全コンポーネント
安全機能の達成のための、独立して出荷される、その故障や誤動作が人を危険に曝す、機械類の機能のために必要ないか通常のコンポーネントに置き換えても機械類を機能させられるコンポーネント
(4) リフティング用アクセサリ
リフティング機械と荷物のあいだに、あるいは荷物自身に取り付けられる、荷物の保持のためのコンポーネントや機器
(5) チェーン、ロープ、及びウェビング
リフティング機械とリフティング用アクセサリの一部として、リフティングの目的のために設計された、チェーン、ロープ、及びウェビング
(6) 脱着式動力伝達デバイス
自力で推進する機械類やトラクタと他の機械類のあいだを接続し、力を伝えるための、取り外し可能なコンポーネント
(7) 半完成機械類
ほぼ機械類であるが、それ自身では特定の応用機能を実行できない、他の機械類や半完成機械類に組み込むことのみを意図されたもの

4.除外品
(1) その機械類の元の製造業者が供給する、同一のコンポーネントの交換部品としての使用が意図された安全コンポーネント
(2) 遊園地や娯楽施設で用いられる特殊な機器
(3) その故障が放射性物質の放出を引き起こし得
る、原子力用途のために特別に設計され、ある
いは使用される機械類
(4) 火器やその他の武器
(5) 以下の輸送手段のもの:
  ・農業用/林業用 のトラクタ
  ・指令 70/156/EEC でカバーされる自動車やトレーラ
  ・指令 2002/24/EC でカバーされる車両  
  ・競技専用の自動車
  ・空路、水路、あるいは鉄路での輸送手段
(6) 海上航行船、移動式海上設備、及びそれらに搭載された機械類
(7) 軍や警察のために特に設計された機械類
(8) 研究所で一時的に使用される、研究のために特に設計/製作された機械類

5.どのように機械指令を評価する。
機械指令は、適合性評価を行う方法が二つある。
(1)内部生産管理による自己認証
メーカーは、適合性評価を実施し、自社の責任で評価を文書化します。
(2)「機械指令の附属書IVに記載されている」リスクが高い機械類の場合、何の欧州整合規格が利用できない機械類
 製造者が第三者である公認認証機関(ノーティファイドボディ)の関与により、適合性評価を実施し、評価を文書化し、認証を受ける。

14:59 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/34-44136d84

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR