FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


英国、EU離脱の法規制影響!

CEマーキング ] 2016/10/05(水)

離脱後のEUとの関係」がどのように整理さるのかにより、大きく変わるようです。

1.EU法の類型と概要

EU法の類型概要
条約(Treaty)加盟国間の合意により加盟国を拘束
規則(Regulation)加盟国に直接適用
指令(Directive)加盟国による国内立法措置により、間接的に適用
決定(Decision)関連する特定の企業や個人等に適用
勧告(Recommendation)加盟国や企業等の遵守が期待されるも、法的拘束力なし

2.影響
以下のごとく、影響は異なりますようです。
(1)英国がEEA(欧州経済地域)へ残留する場合(ノルウェー型):
   大部分がEU法に服するためにことになるため、影響は軽微
(2)EEAに留まらず、且つEUとの間で特別な協定が締結されない状態で離脱する場合(WTO型): 
   EU法が英国に適用されなくなるため、英国内の方規制に多くの分野に影響が及ぶ。
 ・影響の度合いは適用されるEU法の類型ごとに異なる。
 ・規則(Regulation):国内立法措置を経ずに英国内に適用されるため、EU離脱後直ちに効力を失う。
 ・指令(Directive):英国において国内法の整備を通じて内容が実施されているため、EU離脱後も当該国内法は引き続き効力を有するようです。

09:54 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/349-742ab6b4

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR