FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


ベトナムの製品安全、EMC規制など

東南アジア・ロシア ] 2014/09/02(火)

ベトナムでは電気安全、および環境において強制認証制度等がある。
1.電気電子製品では安全及びEMCで次の規定がある。
  (1)製品安全:QCVN4:2009/BKHCN
  (2)EMC:QCVN9:2012/BKHCN

2.対象製品
 (1)製品安全:下表の13品目です。
番号対象品安全要件
1瞬間湯沸かし器TCVN 5699-2-35:2007
ISO 5699-2-35:2007
(IEC 60335-2-35:2005)
2電気温水器、温水貯蔵庫TCVN 5699-2-21:2007 
ISO 5699-2-21:2007
(IEC 60335-2-21:2004)
3ヘアドライヤーTCVN 5699-2-23:2007
ISO 5699-2-23:2007
(IEC 60335-2-23   :2005)
4湯沸かし器TCVN 5699-2-15:2007
ISO 5699-2-15:2007
(IEC 60335-2-15:2005)
5電気炊飯器TCVN5699-2-15:2007
ISO 5699-2-15:2007
(IEC 60335-2-15:2005)
6扇風機TCVN 5699-2-80:2007
ISO 5699-2-80:2007
(IEC 60335-2-80:2005)
7アイロンTCVN 5699-2-3:2006
ISO 5699-2-3:2006
(IEC 60335-2-23:2005)
8電子レンジTCVN 5699-2-25:2007
ISO 5699-2-25:2007
(IEC 60335-2-25:2005)
9電気オーブン、電気グリルTCVN 5699-2-6:2004 
ISO 5699-2-6:2004
(IEC 60335-2-6:2002)
10電線、450/750V以下の塩化ビニル電線TCVN 6610ー1:2007
ISO 6610ー1:2007
(IEC 60227-1 :1998)
TCVN 6610-3:2000 
ISO 6610-3:2000
(IEC 60227- 3:199 7)
TCVN 6610-4:2000
ISO 6610-4:2000
(IEC 60227- 4   :1992、司令。   1997)
TCVN 6610-5:2007
ISO 6610-5:2007
(IEC 60227-5:2003)
11投げ込み式電気温水器TCVN 5699-2-74:2005
ISO 5699-2-74:2005
(IEC 60335-2-74:2002
12お茶メーカ、コーヒーメーカTCVN 5699-2-15:2007
ISO 5699-2-15:2007
(IEC 60335-2-15:2005)
13ドライヤーTCVN 5699-2-23:2007 
ISO 5699-2-23:2007
(IEC 60335-2-23:2005)


(2)EMC:下表の7品、エミッションのみ
No対象品実施開始日
1瞬間湯沸かし器2013.6.1
CISPR14-1
2手持ち型モータ駆動電動ドリル2013.6.1
CISPR14-1
3安定器内蔵型ランプ2014.6.1
CISPR15
4掃除機2014.6.1
CISPR14-1
5洗濯機2014.6.1
CISPR14-1
6冷蔵庫、冷凍庫2014.6.1
CISPR14-1

7空調器2014.6.1
CISPR14-1



3.省エネ規制:エネルギーラベルが適用される製品は
「No: 51 / 2011/QD-TTg」により、発効された。表題は以下です。
DECISION
Specified list of vehicles and equipment
energy must be labeled, subject to the performance
minimum energy and roadmap
以下の製品はエネルギー効率が最小効率より低い製品の製造・輸入は2015年1月1日より
禁止される。
3.1エネルギーラベルの貼付が必要な対象製品
(1)グループ1の機器は、次のものです。 :2013年1月1日から
 直管蛍光ランプ、コンパクト蛍光 ランプ、電子安定器と電子蛍光灯、空調設備、
冷蔵庫、洗濯機、家庭用、電気炊飯器、扇風機、テレビ
(2)グループ2の機器 :2014年1月1日から
 商業とオフィス機器:コピー機、コンピュータのモニタ、プリンター、商用冷蔵庫
(3)グループ3:産業機器を含む。 :2013年1月1日から
 配電用変圧器、電気モーター
(4)グループ4の輸送機器 :2015年1月1日から
 車両グループは、7 人乗り以下の乗用車など。バイクを含む。
3.2 エネルギー最低効率レベルに関して
 2013年1月1日より消費電力60W以上の白熱電球の輸入・製造・販売が禁止されるほか、家電製品(2014年1月1日~)、工業用設備、事務機器(2015年1月1日~)についても、科学技術省が5年ごとに公表する基準をクリアできない製品の輸入・製造がそれぞれ禁止される。
 今後、対象製品をベトナムで製造またはベトナムへ輸出する際には、認定を受けた機関による試験を受けたうえでベトナム商工省へ申請し、認証を受ける必要がある。特に、政府機関などの国家予算による調達に関しては、2013年1月1日 以降、エネルギーラベルの認証等が原則必須となる。
 エネルギーラベル制度についてのガイドラインが以下の資料で公表されている。
 「Circular No: 07/2012/TT-BCT」 dated April 04th, 2012 of Minister of Industry & Trade on defining the energy labeling for means and equipment using energy (English version for reference only).

3.3 上記基準の第4条に以下の方法が記載されている。
第4条 エネルギー使用の手段・設備のエネルギーラベル貼付原則及び方法
(1) 省エネルギーの手段・設備の試験、評価及び認定にあたっては関連のベトナム基準及び商工省の相当規定が根拠となる。
(2) 試験機関は規定した条件を満たし、商工省が認定した機関である。
(3) 製造手段・設備の認定過程は以下の通り。
a) サンプルテスト、
b) 製造状況の評価(製造現場において行われる)、
c) 証明書発行(証明書の有効期間は3年以内とする)、
d) 認定後の製品・商品監査。
4. 輸入手段・設備の認定過程は以下の通り。
a) サンプルテスト、
b) 現状評価(倉庫、蔵置場)、
c) ロットごとの証明書の発行。
3.4 ラベル
(1)参考:承認ラベル
  ベトナム エネルギー承認
(2)参考:比較ラベル
  ベトナム エネルギー比較


 
21:16 | トラックバック:0 | コメント:1 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/36-4c9ed218

トラックバック


コメント

ベトナム家電 省エネ法 by 井上 出 : URL
ベトナム省エネ規格に関して、確認依頼を連絡します。

・TCVN 8252:2015規格はいつから適合しなければいけないのか?もしくは、すでに適合となっていますか?

よろしくお願いします。
2017/02/15(水) 12:04:18 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR