FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


EU、新低電圧指令のガイドライン発行!

CEマーキング ] 2016/11/22(火)

2016年11月11日、新低電圧指令(2014/35/EU)のガイドラインが発行されています。
有用な情報が記載されています。
1.表題
 ■ LOW VOLTAGE DIRECTIVE 2014/35/EU GUIDELINES
   Electrical equipment designed for use within certain voltage limits
   November 2016
 
2.ダウンロードのURL
  ▶LVD 2014/35/EU - Guidelines on the application of the directive - November 2016

3.内容の項目
§1 引用
§2 LVD指令の法的根拠
§3 発表
§4 一般規定
§5 範囲と目的
§6 どの製品が対象ですか?
§7 コンポーネントは範囲に含まれているか?
§8 定義
§9 EU市場に電気機器を上市するための必須の安全要求は何か?
§10 自由な移動
§11 電気機器の供給
§12 経済運営者の義務
§13 製造メーカーの義務
§14 装置の識別
§15 メーカーの名前と住所を表示の要求
§16 説明書、及び安全に関する情報の要求
§17 バルクで販売される製品
§18 危険をもたらす電気機器
§19 言語要求
§20 認可代理人
§21 輸入者の義務
§22 ディストリビューターの義務
§23 経済運営者が市場監視当局から要求される文書を提示する「合理的な期間」とは何ですか?
§24 説明書の翻訳は誰が責任ですか?
§25 輸入者およびディストリビューターに対する製造業者の義務
§26 経済運営者の特定
§27 製品の適合
§28 整合規格に基づく適合の推定
§29 国際規格に基づく適合の推定
§30 EU各国規格に基づく適合の推定
§31 EU適合宣言書
§32 適合宣言書の翻訳
§33 電気装置に対する他の連合整合法の範囲の適合宣言
§34 CEマーキングの一般原則
§35 CEマーキングを貼付するための規則と条件
§35 CEマーキングを貼付するための規則と条件
§36 電気製品に組み込み製品、又は別の電気装置に取り付けられる装置のCEマーキング
§37 EU市場監視、統制及びEU保障措置手続き
§38 UE市場監視と装置の統制
§39 電気機器のリスクを提示するEU各国の対処手順
§40 EUセーフガード手続き
§41 危険性がある 準拠電気機器
§42 公式な非適合
§43 委員会、過渡的および最終規定
§44 電気機器委員会
§45 施行:罰則
§46 経過措置
§47 移行
§48 廃止
§49 強制の発効
§50 指令の公布と署名
§51 安全目標
§52 指令の対象となる安全面は何か?
§53 一般条件
§54 電気機器から生じる危険に対する保護
§55 外部の影響によって引き起こされる危険からの保護
§56 この指令の適用範囲外の機器および現象
§57 指令から除外されている電気機器は何か
§58 適合評価手順は何を適用しなければならないのか?
§59 内部生産管理
§60 技術文書
§61 製造
§62 CEマーキングとEU適合宣言書
§63 EU認定代理人
§64 EU適合宣言の構造
§65 廃止指令
§66 相関表
§67 欧州議会声明
§68 他のEU・ニュー・アプローチ指令との関係
§69 機械指令
§70 電気機器に適用される要求は何ですか? 建設工事に永久に組み込まれていますか?§71 無線機器指令(2014/53 / EU)
§72 ガス機器指令
§73 リフト指令
§74 ATEX指令
§75 一般製品安全指令
§76 LVD、又は機械指令に基づくEN 60335シリーズ 規格に含まれる製品の範囲に適用される製品についての割当基準

*関連記事
 ▶EU、新EMC指令のドラフトガイドの概要!
 ▶EU、製品規則の実施に関する「ブルーガイド2016年版」を発行!
 ▶欧州、新LVD/EMC指令で対応すべき事項!
 ▶EU、RAPEX(「危険製品の警報システム)の「2015年報告書」を公表!
22:26 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/362-9613bf9a

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR