FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


新EMC指令には「メーカー義務」が明記されています。

CEマーキング ] 2014/06/14(土)

新EMC指令(2014/30/EU)は、「新枠組規則」により、「メーカーの義務」等が
 新指令の第7条に記載されている。(本指令の重要な変更点です。)

(1)メーカーは、「附属書Iに定める基本要件」に合わせて設計され、製造されて
いることを保証しなければならない

(2)製造業者は、本指令附属書IIまたは附属書III内に記載の「技術文書」を作成し、
第14条に記載の「適合性管理手続」を実施しなければならない。
 該当する要件満足する装置の適合性を、その適合手順によって実証し、
EU適合宣言書を作成し、CEマーキングを貼付しなければならない。

(3)製造業者は装置を上市した後、10年間、技術文書とEU適合宣言を
保管しければならない。

(4)メーカーは、シリーズ生産については、この指令に準拠して維持するため、
社内管理が整っていることを保証しなければならない。
 装置の適合が宣言された装置の設計変更や特性の変化、または整合規格の改訂、
他の技術的仕様の変更は十分に考慮しなければならない。

(5)製造業者は、市場に置かれた装置のタイプ、バッチ、シリアル番号、
又は製品の同定が可能な他の要素を認識しなければならない。
 装置の大きさや性質はそれに含まれない。
 必要な情報がパッケージに提供され、装置に付随する文書に記載されること。

(6)製造業者は、装置上に、会社名、登録商標、または登録マーク、
、コンタクト先の住所を表示しなければならない。
 それができない場合、その包装上、又は装置に付属する文書で行うこと。
 住所は、製造業者に連絡可能な単一の点を表示しなければならない。
 連絡先の詳細はエンドユーザーや市場監視当局に容易に理解できる言語で
なければならない。

(7)メーカーは、第18条で言及の情報を装置の、関係加盟国によって決定されたように、
消費者や他のエンドユーザーが簡単に理解できる言語になっていること。
 説明書や情報だけでなく、任意のラベルは、明確に理解し、
分かりやすいものでなければならない。

(8)市場に置かれている装置が、この指令に適合していないと思われる場合、
早急に、それを撤回するか、それをリコールする。
さらに、メーカは直ちに加盟国の管轄国内当局に通知しなければならない。

(9)国家機関の要求に、簡単に理解できる言語で、紙や電子データで
指令に適合していることを実証する全て情報と資料を提供しなければならない。
 メーカは市場に置かれている装置によるリスクを排除するための
アクションに協力しなければならない。


注)上記内容、および詳細は必ず、本指令で確認をください。
17:32 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/4-be7aab36

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR