EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


欧州、RED(無線機器指令)への対応!

CEマーキング ] 2017/05/12(金)

REDへの移行期間が終了して本年6月13日より、適用が必須になります。
1.再試験の必要性
 REDに適合するためには、ほとんどの無線機器で新しいテストと追加のテストが必要になります。
即ち、2017年6月13日までにREDの最新の要件に準拠している必要があります。
 ・古い規格の版の試験データを活用することは可能かもしれません。 ただし、新しい規格の全ての要件に確実に適合しているかを、テストデータとレポートを徹底的に確認する必要があります。
 ・規格自体が変更されていないにもかかわらず、要件内のわずかな変更(サンプリングポイントの数やテストの掃引速度など)がある場合があり、以前のレポートでは適合するにはもはや十分ではない。
2.REDの変更によって影響を受ける共通規格
(1)EN 300 328 v2.1.1
 ・ETSI EN 300 328 v2.1.1は2017年1月13日にオフスジャーナルに記載された整合標準です。
これは、Wi-FiおよびBluetooth / Bluetooth低エネルギー無線を含む広帯域変調技術を使用するすべての2.4 GHz ISM帯域無線の主要エミッション基準です。
 ・これはREDの整合規格であるので、Notified Body関与なしで、この要件に対して試験を実行することができる。
 ・各製品を正常にテストし、適合する調和規格のDoC(Declaration of Conformity)を作成することができる。
 ・EN 300 328規格のテストに影響を与える変更には、AdaptivityおよびTX / RX Spuriousエミッションの制限の変更、RX感度/ブロッキング測定の追加が含まれる。
 ・RX感度/妨害測定要件は、コンプライアンスにとって最大の課題となる可能性がある。
  この試験は新要求事項であるため、ほとんどの機器およびメーカーでは、このテストをサポートするためのテストセットアップ、及びファームウェアがすぐに利用できない。
  このテストを適切に評価するためには、すべてのデータレート/動作モードにおいて、アンテナポートを介して理想的に行われるパケットエラーレート(PER)を監視できる必要がある。
(2)EN 301 893
 ・ETSI 301 893は、ブロードバンド無線アクセスネットワーク(BRAN)、5GHz Wi-Fi無線を含む5GHzの高性能RLAN無線に適用される。
 ・現在は整合規格リストに記載されていない。9月19日にリスト掲載の模様。
 ・最終案(Final draft ETSI EN 301 893 V2.1.0 (2017-03))はETSIから公表されている。
 ・Adaptivity測定方法の大きな変更が含まれている。
(3)EN 301 489-1 and ETSI EN 301 489-17 :EMC要求
 ・EN 301 489-1およびETSI EN 301 489-17は、すべての無線機器に適用され、放射イミュニティ試験で正しく動作することを保証する要求です。
 ・変更により、放射RF耐性の要件が6 GHzまで拡大するため、追加のテストが必要になる。
 ・最終案(Draft ETSI EN 301 489-1 V2.1.0 (2016-04))はETSIから公表されている。
 ・5月にリスト掲載の模様。
3.REDで必要な文書
 ・EU適合宣言書:RED指令の「ANNEX Ⅵ」にコンテンツを記載
 ・技術文書 :RED指令の「ANNEX Ⅴ」にコンテンツを記載

4.注意事項
(1)電気安全に対する要求
  RED指令の安全要求では、低電圧指令の下限電圧(交流50V,直流75V)はなく、全ての電圧(0Vから)が対象。
(2)RED指令でのEMC要求の整合規格
  EMC指令で要求される整合規格ではなく、RED指令から参照される製品規格(ETSI EN301 489シリーズ)に適合が必要。

*RED原文URL
  ・RED 2014/53/eu  
  ・RED整合規格リスト(Radio equipment Hrmonised standers)

*関連URL
 ・欧州、RED(無線機器指令)の概要!
07:40 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/415-da88aae9

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR