EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


ロンドン高層住宅の火災、米国メーカの冷蔵庫から出火!

リコール ・制裁金 ] 2017/06/26(月)

 英国、ロンドン警察は高層公営住宅「グレンフェルタワー」の火災(79人の死者・行方不明者)について、火元は米国・家電メーカ(ワールプール社)のブランド「ホットポイント」の冷凍冷蔵庫だったと公表した。
 ・この冷凍冷蔵庫「FF175BP」モデルはリコール(回収・無償修理)対象になっていない模様です。
尚、英政府は「ホットポイント」冷蔵庫の検査を命じ、又、欠陥の可能性がある製品を全て取り替えるよう要求したようです。
 ・ロンドン消防隊(LFB)は、冷蔵庫が原因の火災は、平均で1週間に少なくとも1件発生と伝えています。
 ・冷蔵庫の火事で出火元になるのはコンデンサ不良が多く、冷蔵庫のコンプレッサー(圧縮機)や冷蔵庫背面の素材(プラスチック)によって、火の燃え広がるそうです。
 ・米国CPSCのWEBには、冷蔵庫リコールでの火災原因による内容として、制御盤の加熱、コンプレッサ駆動用リレー、コンデンサファンモータ、可燃性ガス、などです。
 ・「重要安全コンポーネント」による事故が多いようです。
*関連URL
 ・英高層公営住宅の火災、火元は米ホットポイント製冷蔵庫=警察
 ・ホットポイント:Product Notice - Hotpoint Fridge Freezer.
 ・CPSC(米国消費者製品安全委員会)
 ・経済産業省・リコール報告
05:46 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/434-7d74d220

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR