EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


欧州、包装廃棄物指令(94/62/EC)の概要!

CEマーキング ] 2017/07/22(土)

容器包装指令「包装および包装廃棄物に関する指令(94/62/EC: packaging and packaging waste)」に従う必要があり
ます。RoHS2指令とは別に規定しています。

1.包装廃棄物指令の目的
 ・第1条で包装廃棄物を管理することで環境への影響を削減することを目的としている
 ・第11条で包装材に含有される重金属を制限している。
2.対象
 ・商品の個別包装、配送や陳列のための集合包装、輸送のための物流梱包を対象とする。
 ・事例は*関連URL「実例」に記載されている。
3.容器包装の定義
 以下の3つの基準で容器包装を定義している。
■基準1:
 ・容器包装が持つ容器包装以外の機能を侵害することなく、容器包装の定義を満たすものを容器包装とする。
 ・製品に不可欠な一部ではなく、製品の使用の全期間において製品を包み、製品とともに廃棄されるものでないこと
 ・例)ティーバッグやソーセージの皮は容器包装ではない。
■基準2:
 ・販売時点に製品を包むものであり、販売時に共に販売・包装される使い捨て品は包装機能のある容器包装とみなす
 ・例)ワンウェイのトレイやカップ、ラップフィルム等は該当する
■基準3:
 ・容器包装の構成要素、および容器包装と一体化する付属物は容器包装の一部とみなす
 ・例)容器包装となるものとしては、商品に直接貼付されるラベルがある。
    又、容器包装の一部となるものは、ほかの容器包装に束ねるための粘着テープ、ホッチキスの針、プラスチックのCDジャケット、などがあります。
4.包装材(梱包材)の「重金属の制限」
 上記の基準により、重金属であるカドミウム、水銀、六価クロム、鉛の含有量の合計が、包装材または包装材の構成物の中に「重量比で100ppm以下」でなければならない

*関連URL
 ・指令EUROPEAN PARLIAMENT AND COUNCIL DIRECTIVE 94/62/EC of 20 December 1994 on packaging and packaging waste
 ・実例DIRECTIVES COMMISSION DIRECTIVE 2013/2/EU of 7 February 2013, amending Annex I to Directive 94/62/EC of the European Parliament and of the Council on packaging and packaging waste
06:20 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/441-ea6e7bae

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR