EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


米国ドローン規制とUL規格!

航空機 ] 2017/09/28(木)

1.米国のドローン規制
 「米国連邦規則14 CFR 107(SMALL UNMANNED AIRCRAFT SYSTEMS)」です。
 この規則14 CFR 107は下の構成です。
 ・Subpart A - General 一般 (§§ 107.1 - 107.9)
 ・Subpart B - Operating Rules 運用ルール(§§ 107.11 - 107.51)
 ・Subpart C - Remote Pilot Certification リモートパイロット認証(§§ 107.53 - 107.79)
 ・Subpart D - Waivers 権利放棄(§§ 107.200 - 107.205)

2.UL3030 (Outline for Unmanned Aerial Vehicles)
  UL 3030 は、UAV(ドローン)に使用されるバッテリーと電気システムの基準の評価アウトライン規格です
(1)適用範囲
 ・米国連邦規則14 CFR 107に従い、商用用途向け、又は業務用アプリケーションへの飛行に使用される無人航空機(UAV)の電気システムを対象
 ・25ポンド(25kg)未満の連邦規則で特定されている訓練を受けたパイロットによって運用されることを意図するUAV
 ・外部電源から充電される内部リチウムイオンバッテリが付属している。
 ・100 V dc以下の動作電圧
 ・屋外使用
 ・このUAVの用途は「農業用途、科学または研究用途、政府または地方警察用途、捜索および救助用途、映画産業またはニュース放送用のビデオ用途など」があるが、これらに限定しない。
(2)範囲外
 a) 模型飛行機、または趣味用のもの、一般に販売されるUAV
 b) 人間のパイロット(パイロット・エラー)、UAVの取り扱い、UAVの外部物体、人または構造物への接触または衝撃、または運転に影響を与える可能性のある悪天候(強風)に関連する制御面等
 c) UAVが意図した操作を正しくまたは適切に行う能力。
 d) バッテリが飛行中に放電された場合のUAVが安全に着陸する能力。
 e) UAVの使用に伴う生理的影響
 f) 火災や爆発のリスクを軽減するための追加要件が課せられている有害な(分類された)場所で使用するための装置。 または
 g) 軍事または同様の戦術操作に使用されるUAV
 h)UAV通信の有効性または飛行中のUAV通信の喪失の影響。
(3)要求項目
 ①エンクロージャの強度
   ・衝撃 ・落下 ・散水曝露 
   ・圧壊 ・モールドストレス
 ②機能安全
   ・潜在危険要因の分析
   ・保護回路
 ③バッテリーと充電器
  ・バッテリーセル ・バッテリーパック
  ・BMS:バッテリー・マネジメント・システム
 ④モーター
  ・過負荷
  ・最大予想負荷
  ・危険電圧回路
 ⑤ケガ防止
   ・シャープエッジ
   ・エンクロージャの強度
 ⑥性能
  ・各種性能試験
 
15:48 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/458-d54eca6e

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR