FC2ブログ

EMC、安全規格、エネルギー効率等の情報


EU、ユーザが「機械を安全に使用する」ためのチェックリスト!

機械 ] 2014/09/26(金)

機械の利用者は基本的なチェックを実行する必要がある。(ユーザが機械を設置する、又は機械を供給する場合に)
 機械指令の本質健康と安全要求事項に照らして、機械の全体の設計をチェックする必要はない。
主要のチェックは、次のとおりです。
 1.明らかな欠陥がないか。
  ガード/他の安全装置の欠落または損傷、 または電気配線の不十分な保護。
 2.既知リスクのチェックを行う。
  機械から適切に制御された既知のリスク (煙やほこり、騒音や振動から生じるリスクを含む。)をチェック
 3.製造業者が安全な設置、使用、調整、保守のための説明書を提供していることを確認する。
  機械が英国で使用するためのものである場合、これらは英語である必要がある。
  保守を、製造業者の独自のスタッフで専門の保守を実行するためには他の言語であってもよい。
 4.提供された騒音と振動の排出量について、そのデータを確認する。
 5. 警告サインは見易く、分かり易いものであるかを確認する。
  文章ならば、その国の言語であること。
 6.完全な機械ならば、適合宣言書が添付されているか確認する。
 7. CEマーキングのチェック
 
上記のいずれかについての懸念がある場合は、メーカーにお問い合わせする。

注)CEマーキングが貼付されているという理由だけで、その機械が安全であると思わないこと。
  常に、明白な欠陥や損傷がないかどうかを確認することが大切である。



12:10 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/52-202ac0ea

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)電気・電子機器メーカにて「電子機器」設計、及び「EMC・安全規格」適合取得に従事し、効率的な規格適合を支援してきました。
(2)国内(VCCI、PSE)、欧米(CE、UL)、アジア(CCC等)の規格適合に関して、アドバイスを行ってきました。

おすすめ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR