FC2ブログ

EMC、製品安全規格、CEマーキングの情報


機械、「安全関連部分の機能安全規格 ISO13849-1」概要!

機械 ] 2014/10/17(金)

1.二つの機械類の機能安全規格
二つの機能規格が、機械部門で利用可能である。
ISO13849-1 は表題は「機械類の安全性 - 制御システム第1部の安全関連部品:設計のための一般原則」
で、EN 954-1に代わるもので,欧州機械指令の機能安全に使用される。
技術特有の、あらゆるエネルギー源に使用できるわけではない。
又、プログラム可能なシステムのために使用することができる(安全PLC)。
・一方、機械の機能安全としてはISO 62061 があり、表題は「機械の - 安全:
、電気電子・プログラマブル電子制御システムの機能安全」で、複雑な全てのレベルを範囲としている。
  下に一般機能安全規格の範囲の図1を示す。
   一般機能安全規格の範囲

2.リスクアセスメント・リスク低減の手順
  以下の図のごとくです。
  リスクアセスメント_リスク低減の手順

3.JIS閲覧
 以下のWEBで機能安全規格が閲覧できます。
 日本工業標準調査会:データベース検索-JIS検索 
 ・ISO 13849-1:2006(JIS B9705-1:2011)
 ・ISO 62061 (JIS B9961)
 ・IEC 61508 (JIS C0508)
06:43 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://firstspring.blog.fc2.com/tb.php/65-ef241af0

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

湘南次郎

Author:湘南次郎
(1)総合電機メーカ等で、「EMC・安全規格」適合取得を経験し、各メーカ様のブローバル製品化を達成してきました。
(2)現在も、CEマーキング等の海外規格適合において、設計段階から、試験、文書作成、規格取得まで、サポートを行っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク